Doorkeeper

9月14日〜飛行時間(10時間)証明取得コース・国土交通省航空局が公開している無人航空機フライトトレーニングマニュアルに沿った訓練を行ないます。 10時間の飛行証明発行にて、国土交通省飛行申請条件の飛行時間証明をクリア出来ます。

Sat, 14 Sep 2019 10:00 - Sun, 15 Sep 2019 16:00

Drone Safety License 横浜保土ヶ谷ドローン専用飛行場

神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町1221

Register

Registration is closed

Get invited to future events

¥86,400 prepaid
講習用ドローン(Phantom4PRO V2等)は、無料でご利用頂けます。

Description

DSLドローンスクールが、他のドローンスクールに先がけてカリキュラムを組んだ【10時間飛行証明コース】

⭐️重さ200g以上のドローンを屋外で操縦する場合、次のような規制があります。
【飛行禁止区域】
・羽田空港等✈️飛行場周辺
・高度150M以上の上空
・DID地区(人口密集地域)
【飛行の方法については遵守すべき事項事項】
・日中(日出から日没まで)に飛行させること
・目視の範囲内で飛行させること
・建物や人などとの距離30mの確保を行う
・イベント会場など人が集まる場所で飛行させないこと
・危険物などの輸送は行わないこと
・物を投下しないこと

上記の様に、ドローンを飛ばす際には厳しい規制が設けられていますが、「DID地区で飛行させたい」「夜間飛行させたい」「目視外飛行させる必要がある」といった上記のルール外でドローン操縦を行いたい場合、国土交通省に申請して、「全国包括飛行許可」等という承認を得る必要があります。

国土交通省への申請を行う際には、「一定以上のドローンの操縦技術を持っていること」「航空法の正しい知識を持っていること」など、さまざまな条件が必要となりますが、そのなかでももっとも重要なのが「10時間以上の飛行実績があること」という条件です。
「10時間の飛行操縦時間であれば、独学で何とかなるのでは?」と思うかもしれませんが、実際には容易なことではありません。

航空法やドローンの飛行に関する正しい知識を習得したうえで、ホバリングをはじめ、複合舵にて自由にドローンを飛ばせる技術を身に着けるには、しっかりとした講習を受けることが必要です。

☆DSLドローンスクールにおいては、横浜市内の『Drone Safety License School練習場』においてドローンの基本操縦(GPS援用)を覚え、屋外で少人数にての操縦技術指導(ATTIモードのフライト練習迄)を行います。

DSLドローンスクール by NPO法人LMZのスペシャルカリキュラムにては、RCKインストラクターによるトレーナーコードを用いたドローンAttitude Mode(ATTI),角速度 Mode(M-mode)の講習を受講生の進捗に合わせ安心&安全に指導しております。

Attitude Mode(A-mode)とは

通称ATTIモードと言われ、GPSやビジョンセンサーなどの機体を安定させる各種のセンサーをキャンセルした状態(位置、姿勢制御は無効)で機体の高度制御のみが有効(高度は機体に設置された気圧センサで検出)なモードのこと。

角速度 Mode(M-mode)とは

通称マニュアルモードと言われ、どの制御(位置、姿勢、高度)も無効なモードのことで最も難易度が高くRCヘリコプター🚁と同じく熟練した操縦技術が必要。

GPSや各種のセンサーに頼らずにRCヘリコプター(進捗状況の早い生徒様にはRCヘリコプター🚁にもトライしていただけます)と同様にドローンの動きをコントロールできることは、ドローンパイロットにとって必須の操縦技術といえます。

万が一、飛行中に機体制御に関する各種のセンサーに異常があった場合や、電波の状況によってGPS信号が切れた場面でも、安心&安全にドローンをコントロールできることはドローンパイロットにとって不可欠なことです。
また、たとえば空撮において、空撮映像の動きをよりなめらかにするためにATTIモードで空撮することも有用です。

日本で、未だ7人しかいないRCKドローンインストラクターをも有するDSLドローンスクールにお任せください。

⇒現在、人口密集地のほとんどでは国土交通省への許可申請を行わなければ屋外でのドローンフライトができません。
国土交通省飛行基準の10時間を証明し、飛行時間10時間飛行証明を取得可能な2日間のコースです。

講習終了後に『10時間飛行証明書』を国土交通省講習団体であるNPO法人LMZとDSLドローンスクールの連名にて発行させていただきます。

○10時間飛行証明書
国土交通省の飛行許可申請には一定の条件を満たさなければなりません。
その中のひとつが10時間以上の操縦経歴です。
これは、周りの環境にドローン経験者がいなければ、初心者おひとりでの練習には危険も伴います。
また、練習飛行場所の確保の問題もあり、ひとくちに、10時間飛行といっても、なかなか、練習できるものではありません。
そこで、Drone Safety License Schoolは、全国のドローンスクールに先がげ、国土交通省登録講習団体として国土交通省への飛行許可承認申請条件である10時間以上の飛行を、指導員のマンツーマン指導の下、最短2日間で達成、証明する『10時間飛行証明コース』をご提供させていただいております。
⭐️国土交通省許可例外事例
http://www.mlit.go.jp/common/001267273.pdf

DSL ドローンスクールでは、ジオフェンスをご利用頂ける練習場をご用意させていただいておりますので、
安全、安心にドローンを飛ばしたい、しかし高額なスクール代を払ってまでは・・・とお考えの方に最適な講習です。

『受講生の声』
ドローン10時間講習を受講しました。
非常に有意義でした。お勧めです。
Phantom2をGPS無しで飛行させるのは思ったほか難しいものでした。その後のPhantom4の安定感❗️
GPSって飛行中に切れることがあります。パニックにならないためにはどうしても必要な講習だと思います。講師の指導が抜群でした。

此方の生徒さんから無事に国土交通省の全国包括のフライト許可がおりたとの連絡も届きました。

初心者はもとより、既に10時間飛行済みの方も、ご自身の目的にあった形でのATTI、マニュアルモード等、更なるスキルアップにも、ご利用が可能です。

主催・特定非営利活動法人LMZ 受託・Drone Safety License School by 関東ドローン倶楽部

About this community

Drone Safety License School in Yokohama

Drone Safety License School in Yokohama

https://dslschool.org/

Join community