Doorkeeper

JUIDA安全運航管理講習(JUIDA認定スクール・他校卒業生も歓迎)

2018-02-24(土)13:30 - 18:00
1人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

35,000円 前払い
JUIDA認定スクール他校卒業生歓迎

JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)では、ドローンの操縦者および安全運航管理者養成スクールの認定制度を導入しています。

昨今のドローン活性化の裏では、ドローンの墜落や危険飛行による事故等のリスクも心配されており、今後更なる無人航空機の運航に当たっての安全性・信頼性を高めていく必要がありとの認識のもとJUIDAにおいては、人材育成が何よりも重要と鑑み①操縦技術証明書の他に②安全運航管理者証明を発行しております。

私どもDSLドローンスクールでは、JUIDA事務局より正式な認可の基、JUIDA認定講師資格取得者(当校の場合プロの空撮カメラマン)による『安全運航管理者講習』を今回も実施致します。

ドローンスクールは、卒業したが・今後とも専門的にドローン操縦に関わっていくのであれば、『安全運航管理者』も取得した方が良いと思い始めたあなた『いまがチャンスです』。

「安全運航管理に関する基本知識とリスクアセスメント」を学び、自ら考え、本来の安全性・信頼性とは何かを仲間とともにブレーンストーミングしてみませんかーーーー。

今後、ドローンを操縦・運用していく上で、国交省などへの飛行申請も必要になって来ます。
その中で、飛行マニュアル(運用・飛行規則に関する)書類の提示が必要になってきます。その時にこの講座『安全運航管理者講習』学んだ事が、きっと役立つ時が来ると思います。

○受講内容は、下記の如くJUIDA認定スクールの教材をベースにし、空撮カメラマンの生の話を取り入れた充実の4時間講習となっています。
①安全管理者とは? 安全管理者が必要な理由と航空法的な事情。
②3原則の中のリスク(ハザード)の把握・知識 要素技術・要素部品、気象、飛行原理由来などのリスクについて。
③リスクに対する安全管理の手法 安全管理の仕組み、目的の明確化、目標設定など。

○講師・上川 正晴
JUIDA認定講師
DSLドローンスクール講師
空撮カメラマン

コミュニティについて
Drone Safety License School

Drone Safety License School

『RC操縦士育成15年の歴史』受講生のそれぞれの希望に満足を提供する『Drone Safety License』スクール https://dslschool.org/ ⭐️『少数精鋭』 操縦技能講習はインストラクター1人につき受講生最大4人までの少人数制での技術力重視(日本に未だ7人しかいないRCKインストラクターを筆頭に現役の空撮技術者等にて、操縦技術はもちろん、経験に基づく様々の体験...

メンバーになる